ブログネタが無いのはインプットが足りないから。

20161010

はじめに

ブログを続けていますが、毎日ネタを考えるのに苦心しています。

書くべきテーマがすぐ思い浮かぶケースは稀で、数十分、ときには1時間も頭を悩ませることも多いです。

ネタを切らさないためにはどうすればよいか、考えてみます。

 

ネタ切れする理由

ネタ切れする理由ははっきりしています。

要はインプットが足りないからです。

インプットとはたとえば、

  • 本、雑誌、Web記事を読む
  • セミナーに参加する
  • 人と会う
  • 行ったことのない場所に行く
  • イベントに出席する

など。 

インプットがなければアウトプットが生まれないのは当然。

インプットを怠っていると、語るべきネタの貯蔵庫もいつかは枯渇してしまいます。

新しい行動(インプット)を起こさなければ、語るべきネタを継続的に提供するのは難しいと痛感します。

 

インプットとアウトプットの比

評論家・立花隆さんの著書に、『「知」のソフトウェア』という本があります。

知的生産系の名著なのでぜひお読みいただきたいのですが、その中にI/O比の話が出てきます。

I/O比とは、インプットとアウトプットの比率のこと。

この比率が高いほど、中身の濃いアウトプットが出来上がるといいます。

立花さんのI/O比は100:1。100冊本を読んで、1冊書くというレベルです。

もちろん、ものすごくざっくりした数値感なのでしょうが、 本を書く場合、少なくともこのくらいのインプットが必要だということなんでしょう。

 

立花さんの著書に『日本共産党の研究』という本があります。

学生時代に読んで、圧倒的な情報量と緻密な論理性に驚嘆した書物です。

個人的には、国内のジャーナリズムの最高峰に君臨する書物だと思っているのですが、本書の巻末に載せられている参考文献の数が凄い。おそらく1000冊以上はあるのではないかと思います。

I/O比にして1000:1。

第1級の書物を生み出すためには、それくらいのインプットが必要ということです。

 

では、どうすれば良い?

もちろん、僕が書いているのはブログですから、職業作家である立花さんのケースとそのまま比較することは出来ません。

しかし、このブログも単なる日記として更新しているわけではなく、お読みいただいた方に何らかの情報提供をしたいと思って日々書いています。

となると、継続的なインプットが必要不可欠であることは間違いありません。

 

では、どうすれば良いか?

インプットの作業を仕組み化するしかありません。

読書であれば、1日のうちどこかのまとまった時間帯をインプットのための時間(1〜2時間)として確保する、セミナーであれば、毎月1回参加と決めて、スケジュールをおさえてしまう。

あらかじめ計画しておかなければ、日常業務に追いやられて、インプットの機会など確保できません。

 

インプットの仕組み化、意識的に取り組んでいくつもりです。

 

今日はこんなところで。
それではまた。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
■Editor’s Note

昨日は、息子のサッカー試合を観戦に駒沢公園へ。
午前中は土砂降りでしたが、昼前から雨はやんだため、試合も無事決行できました。
惜しくも2戦とも負けてしまいましたが、天然芝のピッチでの試合は貴重な体験でした。 

■Today’s article

 Virtual reality helps treat phantom pain by letting missing, injured limbs move again

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。