どの税務ソフトがよいか考えています。

Fotolia_51375804_Subscription_Monthly_M-599x399

会計事務所の仕事には税務ソフトが不可欠です。 事務所で使う税務ソフトはどれがよいか考えています。

 

スポンサーリンク

税務ソフトの種類

税務ソフトとは、税務申告書を作成するためのソフトのことです。 大きく分けて、専用メーカーのシステムとパッケージソフトがあります。

専用メーカーは、TKC、JDL、MJSといった会計事務所向けシステムを開発しているメーカーです。 税務の機能だけでなく、記帳や事務所管理のための機能もついているため、大変高価です。

一方で、パッケージソフトは、税金計算に特化したソフトです。代表的なソフトとしては、魔法陣達人シリーズ財務応援シリーズがあります。税金計算以外の機能はありませんが、その分安価に導入することが可能です。  

 

専用メーカーの多機能システムは不要

専用メーカーの製品は、はじめから候補になりませんでした。個人事務所が導入するには、余計な機能が多すぎること、初期投資がかかりすぎることが理由です。

いま勤務している事務所ではTKCとMJSを使用しているのですが、どちらも大きなシステムのせいか、レスポンスに時間がかかり、どうも好きになれません。

事務所管理などは、従業員をかかえる事務所には必要になるのでしょうが、ぼくの場合、当面はひとりで仕事をするつもりなので、全く必要ありません。  

 

パッケージソフトはどれが良い?

選択肢はパッケージソフトに絞られますが、さてどれにしたものか・・・

魔法陣

現在の事務所で使用しているので、操作に慣れているという良さがあります。使い勝手はまあ、普通ですね。起動時にややもたつくのですが、起動後はさくさくと動きます。インターフェースも、別表に直接入力していく感覚なので、ぼくにとっては使いやすいです。

ただ、会計ソフトと連動しないので、いちいち数値を手で打ち込んでいかなければなりません。要は、申告書用のワープロソフトと考えたほうが良いです。 

達人シリーズ

結構人気があるソフトです。魔法陣より安価ですし、なにより弥生会計との連動が可能という点に惹かれます。弥生と連動してくれると、内訳書の作成なんがほんとラクになりますしね。また、対応している別表も魔法陣より多いよううです。 ただ、触ったことがないので、使用感はわかりません。機能的には魔法陣よりよさそうなのですが、いかんせん使ったことがないので、いきなり切り替えるのもちょっと怖いかなと。 

財務応援シリーズ

ぼくの同僚の話では、とても使いやすいと聞きます。ただ、こちらは魔法陣・達人と比較して、ずいぶん良いお値段がします。ぼくは使ったことがないので、使用感はよくわかりません。 

 

結論

というわけで、選ぶとすると、魔法陣か達人シリーズの2者択一と考えています。機能的には達人シリーズに惹かれるのですが、慣れているソフトという点では、魔法陣に軍配が上がります。

とりあえず魔法陣ではじめてみて、会計ソフトとの連動が必要であれば達人に切り替えるというのが現実的かもしれないですね。

とはいえ、こうやってソフトの選択に頭を悩ませるのも、たのしいです(笑)

それではまた。      


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。