目標は掲げただけではだめ。きちんとPDCAに落とし込む。

20161031

年末を控え、今年1年間の取り組みに反省しきり。

 

新しいことに挑戦できているか?

最近、新しいことに取り組めていないなぁと感じています。

仕事面でも、過去の蓄積を取り崩しているだけで、新しい分野への挑戦ができていません。

会計、税務、ファイナンスなどは僕の事務所の基幹業務なのですが、これらはいずれもかつての職場で必死になって身につけたスキルセットです。

そのときと同じくらいの真剣さで、いま新たな挑戦ができているかというと、否と言わざるを得ません。

 

年初の抱負

そういえば、今年の初めにはこんな抱負をもっていました。

  • プログラミング VBAでマクロを作れるようになる
  • 英語 Kindleで原書を10冊読む
  • 数学 統計学、線形代数をマスターする 

など。

年末を控えた今の時点で、どれだけ達成できているかというと、どれも中途半端な状況です。

 

VBAは一時期熱心に取り組んだのですが、最近はすっかり放置しちゃってます。

英語、数学もやったりやらなかったり・・・

だめな学生みたいですね。。

 

目標が絵に描いた餅になってしまう理由

「年初の抱負」が絵に描いた餅になってしまう理由は簡単です。

目標への取り組みが「仕組み化」されていないから。

PDCAが回っていないからです。

 

ぼくが会計士受験生だった頃は、勉強する科目と時間を曜日ごとに決めていました。

今日は簿記と財表、明日は原価計算と監査論などのように。

1日が終わった段階で、その日の計画がすべてこなせたかを確認し、終わらなかった部分があったら翌日の朝イチにカバーするということをやっていました。

当時はPDCAなんていう言葉は知りませんでしたが、知らず知らずのうちにそれに類することをやっていたわけです。

 

PDCAに取り組みます

今年の反省点は、目標への取り組みがきちんとPDCAに落とし込めていなかったこと。

年末までにきちんと仕組み化できるように取り組まねばと、大いに反省です。

 

今日はこんなところで。
それではまた。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
■Editor’s Note

昨日は、午前中息子の塾通いに付き添った後、午後は事務所の雑務作業。 

■Today’s article

Long-term foreign Japan residents must declare overseas assets — and could be taxed on them

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。