メールは失礼で電話は丁寧?僕が電話連絡よりもメールを好む理由。

  Communication

電話連絡は丁寧で、メールは失礼という感覚、世代によってはありますね。 

発端は以下のツイート

発端はLINE田端さんの以下のツイートです。 

 

このツイートが発端で、電話とメールのどちらが丁寧なコミュニケーション手段なのか、議論が盛り上がっているようです。

Togetterまとめはこちら。

 

電話によるコミュニケーションの問題点

僕も電話というコミュニケーション手段は好きじゃありません。

というのも、電話という手段には、以下のような欠陥があるからです。

  • 受信者の事情を一切考慮せずにかかってくる
  • にもかかわらず、受信者が電話に出ることを(多くの場合)拒否できない
  • 仕事が中断させられることによる生産性の低下
  • 電話の行き違いによる時間の浪費
  • 言った言わないの問題になりやすい(発言が記録に残らない)

総じて、発信者側の都合が優先されるコミュニケーション手段です。

 

僕の事務所の方針

以上のように、電話は発信者の都合が優先され、受信者側の事情は考慮されない連絡手段です。

このように「発信者の都合のみが一方的に優先される」事態はおかしなことだと思っているので、僕の事務所では原則として電話による連絡は行わないことにしています(電話連絡は緊急時のみです)。

したがって、ホームページにも電話番号は記載していません。

事務所の電話番号はクライアントと信頼できる仕事仲間だけにお伝えしています。

 

代わりに、よりフラットなコミュニケーションツールである、ChatWorkとメールをメインの連絡手段として使っています。

メールやチャットであれば、受信者の都合のよいタイミングで対応できるので、発信者の都合で仕事が中断させられることはありません。

また、テキストに記録が残りますので、言った言わないという不毛な議論も生じません。

 

僕の事務所では、電話での連絡は殆どありませんが、これまでのところコミュニケーションに支障が生じたことはありません。

 

おわりに

以上、ふと目にしたツイートをきっかけに、電話とメールについての考えを記しました。

コミュニケーションをとる場合、メッセージの発信者・受信者がともに尊重されるべきですし、その視点からすると電話連絡には多くの欠陥があります。

メールやチャットなど、当事者双方の事情が考慮されるコミュニケーション手段がもっと活用されるようになればと思います。

 

今日はこんなところで。
それではまた。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
■Editor’s Note

今日は終日オフ。港北ニュータウンへ買い物へ。 

■Today’s article

 Fatal ‘Pokemon Go’ accident spurs police to ask Niantic for game-disabling function

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。