ブログを続けてこそ思う、ブログの効用。

IMG 20170104 200512

※バリ島の海に沈む夕陽。

 

開業以来、ブログを続けています。

あらためてブログを継続する効用を考えてみます。

 

自分の存在を知ってもらえる

フリーランス、個人事業主として活躍する場合、まず広く世間に自分の存在を知ってもらわなければなりません。

そのためのツールとしては、今のところブログが最適です。

記事をとおして、

  • 自由に情報発信できる
  • 自分の人となりを知ってもらえる
  • 記事の蓄積が資産となる

という利点があるからです。

 

TwitterやFacebookと比べると?

世間的には、ソーシャル・メディアの主流はTwitterやFacebook、Instagramで、ブログは枯れたメディアと考えられがちですが、個人が腰を据えて情報発信に取り組むのであれば、ブログをメインに据えて、FacebookやTwitterはその拡散ツールとして利用するのが最善じゃないかと思っています。

というのも、TwitterやFacebookはフローのメディアで、メディアとしての構造上、発信内容が蓄積していかないからです。

TwitterやFacebookは投稿者の「いましていること」「いまの思い」を発信するためのメディアなので、基本的には投稿してから数時間で消費されてしまいます。

カテゴリーやタグなどの機能もありませんので、関心に沿って過去の投稿を辿るのも容易ではありません。

 

一方、ブログはストック型のメディアなので、記事の寿命はずっと長いです。

僕のブログでも、随分前に書いた以下の記事は、息長く読まれています。

DCF法による計算の基本~残存価値ってなに?
会社は(倒産しない限り)永続的にキャッシュフローを生み出します。ところが、一般に、事業計画は3年から5年のスパンで作成されます。すると、事業計画のみでは、計画...

 

公認会計士が税理士登録するにあたり提出が必要な20の書類
東京税理士会に税理士登録の手続に行ってきました。登録に必要な書類は、申請者の状況によって変わるのですが、私の場合20種類の書類提出が必要でした。今後、税理士登...

 

また、ひとつの記事から関連する他の記事へと読み進んでいただくことも多いようです。

このようにコンテンツが積み上がっていくところが、ブログの利点のもっとも大きいところです。

 

文章力の鍛錬の場として利用できる

文章力を鍛えるには、まとまった分量の文章を継続的に書き続けるしかありません。

そのための場として、ブログは最適です。

このブログでは、1記事1,200〜1,500字を目安にしています。原稿用紙3枚〜4枚程度の文字数ですが、これを今日まで続けてきたことで、僕の文章も少しはマシになったのではないかと自負しています。

 

とくに、ブログを始めてから意識するようになったのが、文章の「構造」です。

ここで構造というのは、あるテーマをどのような順序でまとめるかということ。

同じことを語るのでも、

A⇒B⇒C という順番で語るのと、

C⇒B⇒C という順番で語るのでは、

読者にとってのわかりやすさがずいぶん違う場合があります。

予備知識のない読者にも無理なく分かってもらえるよう、文章の構造には気を配っています。

そのために、見出しや小見出しをうまく使って記事を書くようにしています。

 

新しいことにチャレンジする動機づけになる

ブログを続けていると、ネタ探しに苦労します。

ネタ探しの苦労についてはこちらの記事でも取り上げました。

ブログネタが無いのはインプットが足りないから。
はじめにブログを続けていますが、毎日ネタを考えるのに苦心しています。書くべきテーマがすぐ思い浮かぶケースは稀で、数十分、ときには1時間も頭を悩ませることも多い...

 

ブログを100記事書いて変わったこと、変わらなかったこと
本記事が100記事目になります。ブログを続けてきて変わったこと、変わらなかったことを振り返ります。 ブログを続けてきて思うこと昨年11月に立ち上げたこのブログ...

 

苦労している状況は、いまでも変わりません。

ですが、最近は逆の発想で、ネタにするために新しいことにチャレンジしようという気構えでいます。

たとえば、

  • ダイエット
  • ジョギング
  • 外部セミナーの受講

など。

人間は基本的に保守的な生き物ですから、きっかけがないとComfort Zoneから抜け出せないものです。

ブログの存在をバネに、今年は新しいことにどんどんチャレンジしていこうと思います。

 

今日はこんなところで。
それではまた。

 

あとがき

■Editor’s Note

昨日、4泊5日のバリ島旅行から帰国しました。
バリでは、美味しいインドネシア料理とケチャダンスを堪能。
ホテルのプールでのんびりできました。 

■Today’s article

 China’s digital dictatorship


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。