監査法人に関するニュース2本を紹介します

Pa049057

ネットで、監査法人に関するニュースを目にしました。

 

新日本、コンサル部門を統合

1本目はこちらのニュース。

新日本、コンサル部門を統合 監査業務へ集中 

 新日本監査法人はコンサルティング部門を中心に組織を再編する。新日本内のIT(情報技術)のコンサル部門などをグループのコンサル会社と統合。さらに新設する統括会社が司令塔となる体制へと移行する。監査業務の強化が求められるなか、グループ内の利益相反などを防ぎ経営の透明性を高めるとともに、新日本が監査業務に集中できる体制を整える。
 新日本は組織内にITや金融関連のコンサル部門を抱える。これとは別にグループにコンサル会社2社があり、これを19日に発足する「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング」に一本化する。統合により業務の重複がなくなり、様々なサービスを一括で提供できる。
 新設する統括会社の「EYジャパン」が新日本に加え、税理士法人、コンサル、M&A(合併・買収)助言などの業務を横断的に把握できるようにする。

東芝事件以降、監査法人のガバナンスに対する規制が強まりつつあります。

監査法人ガバナンス・コード(案)が昨年12月に公表され、現在、パブコメを実施中。近く最終決定する見込みです。

 

ガバナンス・コード(案)では、監査法人が行う非監査業務(コンサルなど)についても取り上げられており、今回の新日本の動きは、これを見据えた対応ということなのでしょう。

 

僕は、かつて監査法人系のコンサルにいたこともあるのですが、そのときから監査法人のグループ会社であるメリット、デメリットを感じていました。

メリットはやはり監査法人を背景とした信頼、ブランド力。監査法人は独立性、公正不偏性が生命線の組織ですから、そこで培われた信頼、ブランドはたいへん大きなものがあります。○○監査法人のグループ会社というだけで信頼を寄せてもらえるというのは、大きなメリットです。また、監査法人経由で案件が入ってくるので、独立系のコンサルほどには営業に苦労しないという面もあります。

一方で、デメリットとしては独立性からくる利益相反の問題。原則として、監査クライアントに対してはサービス提供できないので、クライアントが大きく制約されます。せっかく引き合いがあっても、監査クライアントに該当すると、みすみすお断りしなければならないのです。

 

今後、監査法人に対する規制が厳しくなった場合に、これらのメリットとデメリットをどう考えるか?

デメリットの方が大きいと考える場合には、グループ外に出ていってしまう可能性もあります。

 

 監査法人に交代制

つづいてこちらのニュース。

監査法人交代制、早期導入に慎重姿勢

日本公認会計士協会の関根愛子会長は16日開いた記者会見で、会計士と企業のなれ合いを防ぐため、一定期間ごとに監査法人を交代させる制度の導入は「関係者の懸念をある程度払拭しないと実務はうまく回らない」と述べ、早期導入に慎重な姿勢を示した。監査法人の交代制については、東芝の不正会計を監査法人が見逃した問題を踏まえ、金融庁が海外の事例を中心に調査を進めている。
 関根氏は、交代のたびに企業会計の実態を把握し直す現場の負担増などを念頭に「それ以外の方法の検討も含めて慎重に考えていくべきだ」と指摘し、「導入ありきで安易に議論されることは反対」と明言した。

いわゆる監査法人のローテーション制度です。これもずいぶん古くから議論がありますが、導入は難しいでしょう。

導入となると、大変なのが監査現場。特にクライアントの監査担当者は疲弊するでしょう。ローテーションが何年おきになるかは分かりませんが、監査法人が変わるごとに、会社の経理や内部統制について一から監査人に説明しなければならない。

また、イシューによっては監査法人(というより担当会計士)によって、判断が異なることもありますから、その場合に会計処理を修正するのか。ちょっと考えただけでも、混乱要因がいろいろと出てきます。

 

このローテーション制度、英国を含むEUでは導入済みの一方、米国では導入予定はないようです。IFRSの経緯などをみると、ここでも日本は米国に倣うことになるのでしょうか。

 

以上、監査法人絡みのニュースを2本取り上げました。

今日はこんなところで。
それではまた。

あとがき

■Editor’s Note

今日は終日、事務所で事務作業。夕方から、税理士会支部での新年会に出席します。 

■Today’s article

今日はお休みします。 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。