営業対応に時間を奪われないために、僕がやっていること。

IMG 20170104 200512  1

※バリ島・ウルワツ寺院から眺める夕陽

 

独立すると、本当に多くの営業の連絡を受けます。

とはいっても、僕は「ひとり税理士」の身。

現場の仕事からバックオフィス、電話対応まですべてひとりでこなさなければなりません。

「営業」の一つひとつに対応していたら、破綻してしまいます。

 

今の時代、人間にとって最も希少な資源は「時間」。

その「時間」は、お客様のためにこそ使わなければなりません。

そこで今回は、営業対応に「時間」を奪われないために、僕が取っている自衛策を紹介します。

 

電話番号を明かさない

営業のほとんどは電話でかかってきます。

かかってくる電話は、

  • 複合機リース
  • 税理士紹介会社
  • オフィス仲介
  • OA器具販売

などなど。

これらの「営業電話」をシャットアウトできれば、営業を元から断つことが出来ます。

 

そのために必要なのは、電話番号を明かさないこと。

僕の場合、事務所HP・本ブログのいずれにも電話番号(事務所の固定電話の番号)は記載していません。

また、名刺にも電話番号は入れないようにしています。

(本当をいうと、最初に作った名刺には電話番号を入れていたのですが、営業電話が増えたため、新しい名刺に切り替えました。新しい名刺には、メルアドとチャットワークIDだけを入れています。)

 

というと、「営業上支障はないの?」とよく聞かれるのですが、今のところ全く支障はありません。

ブログ、HPに問い合わせフォームを設けていますので、引き合いはそちらからいただけています。

実際、かつて勤めていた会計事務所でも、新規のお客様から電話連絡で引き合いが来るケースは稀でした。

 

むろん、このことによる機会損失はあるのかもしれませんが、それはそれで仕方ないかなぁと思っています。

ちなみに、電話というコミュニケーション手段に対する僕の考えは、こちらの記事にまとめました。

メールは失礼で電話は丁寧?僕が電話連絡よりもメールを好む理由。
  電話連絡は丁寧で、メールは失礼という感覚、世代によってはありますね。 発端は以下のツイート発端はLINE田端さんの以下のツイートです。 こういうのは、同じ感覚を...

 

なお、弊事務所のお客様や、信頼できる仕事仲間には、個別に携帯番号をお伝えしています。

 

かかってきた電話は必要に応じて折り返す

こうすると、ほとんどの営業電話はシャットアウトできるのですが、それでもかかってくるケースがあります。

(おそらく税理士検索サイトなどをみてかけてきているのでしょう。)

 

僕の場合、知らない番号からの着信は、基本取らないことにしています。

着信後に番号をGoogle検索して相手先を確認し、連絡の必要がある場合のみ、こちらから掛け直しています。

(本当はその時間ももったいないのですが・・・)

 

電話連絡が必要な方には携帯番号をお教えしていますし、こちらから折り返しが必要なケースは皆無です。

 

FAXは使わない

営業というと、電話だけでなくFAXによる営業も多いです。

FAXがあると、セミナーなどの営業FAXがヤマのように送られてきます。

ほとんど見ないのですが、紙やトナーの無駄ですし、処分するにも手間がかかります。

 

僕の事務所ではFAXは置いていません。

メールがこれだけ普及しているいま、FAXなどという過去の遺物は必要ないと思っています。

 

とはいっても、相手先によってはFAXか郵送しか使えないケースもあるんですよね(税務署など・・・)。

どうしても必要な場合は、ケースに応じて、コンビニFAXかインターネットのサービスを利用しています。

インターネットファックスの(e Fax)ホームページ
ファックスの受信と送信をEメールで行える「インターネットFax」を提供するeFaxのホームページです。30日間の無料トライアルで今すぐ外出先でもファックスがご利用でき...

 

メールアドレスはHPに記載しない

メールアドレスは不用意にHPに載せないようにしましょう。

営業メールが来ることもありますし、スパムメール(迷惑メール)が送られてくる原因にもなります。

 

問い合わせへの対応には、問い合わせフォームを用意するのが良いです。

WordPressであれば、GoogleフォームやContact Form7を使えば、簡単に実装できます。

Google フォーム - アンケートを作成、分析できる無料サービス
自分でアンケートを作成するだけでなく、他のユーザーとも同時に共同で作成できます。また、デザイン性の高いさまざまな既製テーマから選択したり、独自のテーマを作成...

 

 

問い合わせページに、「あらゆる営業はお断りします」と記載しておけば、より効果的です。

 

 

自分の営業が相手の迷惑になっていないか考える

以上がとっている自衛策ですが、逆に自分の営業が相手の迷惑になっていないか、常に反省しています。

自分がやられたら嫌なこと、たとえば、

  • 事務所訪問
  • 飛び込み営業
  • 電話営業
  • メールやFAXでの営業
  • DM

こういったことは、自分の営業としてやらないように決めています。

自分の営業が相手の迷惑になっていないかという視点は、忘れないようにしています。

 

 

以上、僕が取っている自衛策を紹介しました。

 

繰り返しになりますが、何の後ろ盾もないフリーランスにとって、仕事に集中できる時間を確保することは死活問題です。

仕事の納期を守り、品質を高めるためには、一つひとつの案件に集中して取り組むことが必要です。

その集中の妨げとなる要因は徹底して排除しなければなりません。

人生の持ち時間は有限です。

お互いの時間を尊重する社会になって欲しいと願っています。

 

今日はこんなところで。
それではまた。

あとがき

■Editor’s Note

今日は午前中、歯医者に行った後、住民税の納付。住民税高っ(泣)。
その後、事務所でお客様の会計データのチェック作業。
夜は、かつての同僚と新年会の予定です。 

■Today’s article

メキシコへの関税を原資に国境の壁を建設するとのこと。
さっそくトランプ政権が暴れていますね。
Washington Post紙。 

 White House says Mexico border wall might be funded by tax on imports


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。