これだけは知っておくべき!株価評価の3つの手法。

会社を経営していると、株価評価が必要となる局面が多々あります。

たとえば、

  • 経営のパートナーに株式を譲りたい
  • ストックオプションを発行したい
  • 既存株主から株式を買い取りたい
  • M&Aで会社を買収したい

いずれも株価の評価が必要となりますが、いったいどんな方法で株価を計算すればよいのでしょうか?

株価を評価する方法には、大きく分けて3つの方法があります。

インカムアプローチ

インカムアプローチは、将来の利益やキャッシュフロー(現金収入)をもとに株価を評価する手法です。

会社は、将来にわたって利益を獲得することを目的としています。

そして、獲得した利益は配当や残余財産の分配といった形で、最終的には株主の手に渡ります。

そこで、会社が獲得する利益に基づき、株主に帰属する価値(=株価)を評価する手法がインカムアプローチです。

インカムアプローチに属する方法には

  • DCF法
  • 収益還元法
  • 配当還元法

など、いくつかの評価方法がありますが、いずれも将来の利益やキャッシュフローを基礎に、株価を評価する点で共通しています。

インカムアプローチは、将来キャッシュフローに基づき評価を行うという点で、もっとも合理的な手法です。

マーケットアプローチ

マーケットアプローチは、評価対象会社と類似する会社の市場株価をもとに、株価を評価する手法です。

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった指標をお聞きになったことがあるでしょう。

いずれも、1株当たり利益の何倍(PER)、1株当たり純資産の何倍(PBR)で株価が評価されているかを示す指標です。

このような指標(株価倍率、マルチプル)を使って、自社の株価を評価しようというのが、マーケットアプローチの考え方です。

たとえば、パンの製造をしている会社が自社の株価を評価したい場合、上場しているパン製造会社の株価倍率(PERやPBRなど)をもってきて、それを自社の財務数値(1株当たり利益や純資産)にあてはめて株価を評価するわけです。

上場企業の市場株価や財務数値をもとに計算するため、客観的であるという利点がある一方で、自社と類似する上場企業を選定しにくいという点で、欠点をもつ手法です。

コストアプローチ

コストアプローチは、評価対象会社のバランスシート(貸借対照表)をもとに、株価を評価する手法です。

会社のバランスシート(BS)を思い浮かべてみてください。BSの左側には会社の現金、売掛金、固定資産といった資産、右側には買掛金や、借入金といった負債が並んでいます。

そして、資産と負債を差し引いた純額(純資産)が、オーナーである株主の持分になります。

したがって、資産と負債を適切に評価して、ネットの純資産を計算してやれば、株価を評価できると考えるのが、コストアプローチの基本的な考え方です。

コストアプローチには、

  • 簿価純資産法(資産・負債を簿価で評価する方法)
  • 時価純資産法(資産・負債を時価で評価する方法)

があり、多くの場合、時価純資産法が採用されます。

コストアプローチは、会社の決算書に基づき評価する手法であるため、客観的な手法といえますが、基本的な考え方において会社の清算を前提としているため、現に継続している会社の評価に適さないことが多いです。

実務上も、他の評価手法との組み合わせで利用されるケースが多いようです。

 

それでは、次回以降、各アプローチの詳細についてみていきましょう。

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。