ぶっちゃけ自宅兼事務所での開業費用はいくらかかる?

20170313

確定申告も完了し、昨年の収支がまとまりました。

そこで今回は、独立を考えているみなさんの参考までに、税理士として開業する場合にいくら掛かるのか、僕の実例を紹介します。

 

スポンサーリンク

税理士登録費用

まずは、開業に必須の税理士登録費用です。

  • 登録免許税      60,000円
  • 登録手数料      50,000円(日本税理士会連合会)
  • 入会金        40,000円(東京税理士会)
  • 会館建設費    170,000円(東京税理士会および所属支部)
  • 登録時研修受講料  5,000円(登録時研修のテキスト代など)
  • その他       5,000円(印紙代、各種証明書発行手数料など)

合計 330,000円

 

結構かかりますね。。

入会金や会館建設費は、所属する税理士会によって異なるようです。

会館建設費は、時期が来ると少しずつ返金してもらえますので、厳密には費用ではなく預け金です。

 

また、上記には含めていませんが、所属税理士会と支部の年会費が別途かかります。

僕の場合、登録時に約90,000円ほど納めました。

 

PC・ソフト

続いてPC関係。

  • Macbook Pro 13インチ    149,900円
  • ディスプレイ、プリンタほか   37,000円
  • ソフト(OS)             21,000円(Windows10、Parallels Desktop)
  • その他備品                 4,000円(ICカードリーダー、マウスなど)

合計 211,900円

 

仕事用のPC、外部ディスプレイ、レーザープリンタなどの費用です。

僕の場合、MacにWindowsを載せているので、仮想化ソフトとWindows10の購入費用もかかりました。

プリンタは、Brotherのモノクロレーザープリンタ

ディスプレイはBenqの24インチモニタです。

どちらもAmazonで1万円ちょっと。安いですね。

 

会計・税務ソフト

税理士業務に必要な会計・税務ソフト。

  • 弥生会計17    37,000円(会計ソフト)
  • JDLクラウド組曲  61,560円(税務ソフト)
合計 98,560円

 

会計ソフトは、定番の弥生会計。この他に、クラウド会計のfreeeとMFクラウドを使っています。

 

税務ソフトは、ランニングコストがいちばん安い、JDLの「クラウド組曲」を選びました。

「クラウド組曲」は製品ごとに年間利用料を支払う税務ソフトで、僕の場合、

  • 法人税
  • 減価償却
  • 消費税
  • 勘定科目内訳書・事業概況説明書
  • 電子申告

と、最低限のものを契約しました。しめて、年間6万円程度の負担です。

おそらく、税務ソフトとしては業界最低価格ではないでしょうか。

ひとり税理士として使う分には十分な内容です。

 

書籍代

専門書籍関係。

  • 専門書籍など  32,000円

税務六法や手引、解説書など最低限必要なものを揃えました。

まだまだ足りませんが、必要に応じて買い足しています。

 

その他費用

その他雑費関係。

  • 事務所ロゴ作成代      37,800円
  • 名刺代          8,000円
  • 代表印作成                       6,110円
  • リーフレット印刷     20,000円
  • 挨拶状作成        12,000円
  • その他(文具など)   15,000円

合計 98,910円

 

事務所ロゴは、ランサーズに発注。

名刺は、スタプリで自分でデザインしました。スタプリはブラウザ上で自由に名刺のデザインができるので、自分好みの名刺を作成したい方にはおすすめです。

 

まとめると・・・

以上をまとめると、

  • 税理士登録費用  330,000円
  • PC・ソフト     211,900円
  • 会計・税務ソフト   98,560円
  • 書籍代        32,000円
  • その他費用      98,910円

総合計 771,370円

 

ざっくり800,000円程度といったところです。

実際には、専門書籍やPC周りの備品をもう少し買い足していますが、それを入れても100万円はかからない水準とお考えただいて構わないと思います。

 

どうでしょう、ずいぶん安く済むと思いませんか。

これがオフィスを借りるとなると、保証金10ヶ月とか別次元のコスト負担になってきます。

もちろん、いろんな考え方がありますが、まずは身軽に始めて、事務所が成長してからオフィスを借りるというやり方も、選択しのひとつとして考えて良いでしょう。

 

 

今日はこんなところで。

それではまた。

 

あとがき

■Editor’s Note

昨日は、川崎のコストコに買い物へ。

広すぎる店内を見て回るだけで脚が棒に・・・

ここでの買い物は脚力が必要です。。

■Today’s article

Saudi Arabia’s King Salman begins Japan visit together with mammoth delegation

■Official Web Site

藤村総合会計事務所 | クラウド・ITに強い!法人専門の財務コンシェルジュ。決算・...
藤村総合会計事務所のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。 当事務所は、中小企業・ベンチャー企業のお客様をメインに、クラウド会計の導入や税務...

 

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。