最近読んでいる本〜ランチェスター経営、手書きハガキ、大杉先生

IMG 20170326 093910

最近読んでいる本を紹介します。

 

スポンサーリンク

小さな会社の稼ぐ技術

1冊目は栢野(かやの)克己さんのこちらの著書。

著者の栢野さんは、福岡を中心に中小零細企業向けのコンサルティングやセミナー講師を勤めている人物。

中小企業、自営業者向けのビジネス書では、今もっとも売れている著者かもしれません。

 

風貌はどことなく怪しいのですが(笑)、書いてある内容は極めて真っ当です。

【目次】

第1章 「頑張る=儲かる」ではない

第2章 弱者の戦略、強者の戦略

第3章 成功する商品の選び方

第4章 成功する地域の選び方

第5章 成功する客層の選び方

第6章 成功するお客の作り方

第7章 成功するファンづくり、顧客対策

第8章 夢の実現

 

「長時間労働のすすめ」、「趣味は捨てる、法事・同窓会も行かない」など、読者の反発を招きかねない記述もあるのですが、時流におもねることなく正しいと信じる内容を率直に書く姿勢に、好感を覚えました。

 

ちなみに、本書の刊行を記念したセミナーの内容がこちらで公開されています。

 

小さな会社の稼ぐ技術 ランチェスター栢野さん 東京堂書店セミナー

ちょっと長いのですが、ご関心のある方はご覧ください。

 

 

お客の心をつかむ売込ゼロの3分ハガキ術

続いてはこちら。

手紙文化振興協会で代表理事を務める、むらかみ かずこ さんの著書です。

Webマーケティング全盛の時代ですが、だからこそアナログなハガキが効果をもつということで、お客様へのお礼のハガキ、挨拶状の書き方などが具体例を交えて紹介されています。

【目次】

  1. なぜ、手書きのひと言が読まれるのか
  2. ビジネスハガキの5大効果
  3. どんなときにハガキを使う?
  4. 「見た目が9割」を決める3つの要素
  5. さぁ、書いてみよう!
  6. 楽しく継続するための5つの工夫
  7. ビジネスハガキの実践者たち

ビジネスハガキで大事なのは「文章」ではなく「見た目」といい、受け手に好印象を残すハガキの選び方、書き方が詳しく紹介されていて参考になります。

ぼくも早速実践しています。

 

あじのひものとビーフステーキ

最後は、大杉正明先生のこちらの新著。

学生時代に夢中になって聞いていたNHKラジオ英会話。

当時、講師を務めていたのが大杉先生でした。

その先生が自らの生い立ちと、英語との関わりについて綴ったエッセイ集です。

 

内容はWebでの連載原稿を加筆修正したものとのことで、そのせいか、記述に濃淡がありやや読みにくさを感じるところもあります。

できれば全編書き下ろしが読みたかったところですが、随所に意外なエピソードが盛り込まれていて、楽しく読み通しました。

 

 

今日はこんなところで。

それではまた。

 

あとがき

■Editor’s Note

昨日はブログ、HP更新後、JICPAのオンデマンド研修を受講。
そろそろ研修単位の取得期限が迫ってきました。
単位取得に本腰を入れなければ・・・ 

■Today’s article

今日はお休みします。

■Official Web Site

藤村総合会計事務所 | クラウド・ITに強い!法人専門の財務コンシェルジュ。決算・...
藤村総合会計事務所のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。 当事務所は、中小企業・ベンチャー企業のお客様をメインに、クラウド会計の導入や税務...

東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。