ちょっと得するエクセルTips〜文字列を数値に変換する方法

スクリーンショット 2017 06 14 8 33 04

今回は、エクセルで文字列を数値に変換する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

数値が文字列として認識されている場合がある

冒頭の画像をご覧ください。

A列に取引先コードが入力されていますが、セルの左上に緑の三角印(エラーインジケータ)がついています。

これは、入力数値が文字列として認識されているためです。

データベースからcsvやテキスト形式でデータを引っこ抜いたときなどに、よくこういう現象が生じます。

 

せっかく取引先コードが付されているのに、このままではデータを昇順・降順に並び替えたり、vlookup関数で引っ掛けたりということが出来ません。

取引先コードを有効に使うためには、文字列から数値に変換してやる必要があります。

 

では、どのような方法があるでしょうか?

ここでは2つの方法を紹介します。

 

エラーチェックボタンを使う方法

A列のデータ入力セルを選択すると、右側に黄色のビックリマーク(エラーチェックボタン)が出てきます。

スクリーンショット 2017 06 14 9 08 21

 

これをクリックすると、メニューの中に「数値に変換する」という項目が現れるので、これをクリックしてやります。

スクリーンショット 2017 06 14 9 13 40

 

すると、取引先コードが数値に変換されます。

エラーインジケータは消えていますね。

スクリーンショット 2017 06 14 9 16 17

 

value関数を使う方法

以上の方法は手軽でいいのですが、ひとつ問題があります。

データ量が大きいと、とんでもなく時間がかかるのです。

扱うデータが何万件というオーダーになると、変換作業に数時間かかるということもザラです。

 

そこで、大きなデータを扱う場合には、これから紹介するvalue関数を使用する方法をおすすめします。

やりかたは以下のとおりです。

 

どこでもいいので、使っていないセルに以下の関数を入力します。

スクリーンショット 2017 06 14 9 34 41

value関数は、文字列を数値に変換する関数です。

カッコには、数値に変換したいセルを指定します。ここではA2セルです。

関数はデータの先頭を指定すると、この後の作業に便利です。

 

続いて、C2の数式をオートフィルでデータの最終行までコピペします。

スクリーンショット 2017 06 14 9 33 08

 

これで、A列の取引先コードを数値に変換することができました。

あとは、これをA列に「値貼り付け」してあげれば完成です。

スクリーンショット 2017 06 14 9 38 56

 

この方法であれば、何万件というデータでも、あっという間に処理することができます。

大量のデータを扱う場合には、こちらの方法が断然おすすめです。

 

以上、文字列を数値に変換する2つの方法を紹介しました。

みなさまの参考になれば幸いです。

 

 

今日はこんなところで。

それではまた。

 

あとがき

■Editor’s Note

今日はブログ更新後、先月から取り組んでいたデューデリの最終報告会に出席の予定。 

■Official Web Site

藤村総合会計事務所 | クラウド・ITに強い!法人専門の財務コンシェルジュ。決算・...
藤村総合会計事務所のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。 当事務所は、中小企業・ベンチャー企業のお客様をメインに、クラウド会計の導入や税務...

 

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子プレゼント

中小企業の経営者ならぜひ知っておきたい税務のポイントをまとめた無料冊子(PDF)を、下記からダウンロードできます。

会社経営にまつわる税務の基本をまとめた240頁超の冊子です。

いまなら、さらなる特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。