時間単価を上げるために僕が意識していること。

IMG 20170618 114048  1

※ユリの木通りの風景

 

僕のような自営業者にとって、時間単価は収入に直結します。

単価を上げる努力を続けていかなければなりません。

 

スポンサーリンク

時間単価の概念

時間単価とは、ここでは時間あたりの売上金額を考えています。

時間単価 = 売上 / 稼働時間

 時間単価を上げるには、分子の売上を増やすか、分母の稼働時間を減らすかのどちらかしかありません。

 

時間単価を上げることができれば、

  • 同じ時間で、売上を大きく出来る →経済的な余裕ができる
  • 少ない時間で、同じ売上を獲得できる →時間的な余裕ができる
となります。
 

特に2点めが重要で、時間的な余裕があれば、その分を自分への投資や、家族との団欒に回すことができます。

自分への投資→新たなサービスラインの開発→売上の拡大→時間単価の向上

というポジティブ・フィードバックが働くのが理想です。

 

以下、時間単価をあげるために僕が考えていることを紹介します。

 

ブランド構築

会計事務所というマーケットはレッドオーシャンの典型で、数多くのプレイヤーがしのぎを削っています。

ネットで簡単に比較されてしまう時代ですから、価格低下圧力も厳しく、顧問料月額8,000円!なんていう話もザラです。

↓こういう世界です。

税理士の紹介サイト【税理士紹介ドットコム】≪公式≫
税理士紹介ドットコムは、企業と税理士とのマッチングを行い、評判の税理士を完全無料でご紹介します。

 

こんな業界ですから、「その他大勢」の中に入ってしまうと価格競争の波に呑み込まれてしまいます。

「働けど働けどなお我が暮らし楽にならざり・・・」の世界に一直線です。

 

では、「その他大勢」の中から抜け出すためにはどうすれば良いか。

方策のひとつが「ブランド構築」だと思っています。 

「その他大勢」の中から価格で比較して選ばれるのではなく、「この人に頼みたい」と指名してもらうために必要なのが「自分ブランド」です。

 

とはいっても、ブランドの確立は容易ではありません。

このブログやHPで情報発信しているのも、巷の会計事務所とは異なる「ブランド」構築のための努力ですが、とても険しい道程です。

一朝一夕には結果が出ませんし、長い期間(数年間)の継続が必要です。

 

また、セミナーや執筆などいろいろな場面での露出を増やしていかないと、強固なブランド構築は難しいでしょう。

やるべきことは山積しています。

 

僕自身、まだスタートラインに立ったばかりです。

 

移動時間を減らす

続いて、分母の時間数を減らすための方策です。

1日の稼働時間のうち移動時間が占める割合はバカになりません。

移動時間には通勤時間のほか、お客様のもとへの訪問にかかる時間も含みます。

 

たとえば、職場への通勤に往復1時間、お客様への訪問に往復2時間かかるとすると、計3時間が移動時間に費やされていることになります。

移動時間は何の付加価値も生まない時間ですから、たとえばこの人が時間単価を10,000円に設定していれば、30,000円を無駄にしていることになります。

これは見逃せない金額です。

 

移動時間を減らすためには、

  • 職住近接にする
  • 訪問時間を減らす
といった方法があります。
 

ひとつめの「職住近接」は会社員にとっては難しい選択肢ですが、仕事場を好きに選べるフリーランス、自営業者にとっては比較的容易でしょう。 

僕は自宅の書斎と近所のマンションの2つを仕事場にしていますが、通勤時間はほぼゼロです。

 

また、お客様への訪問時間を減らす方法としては、

  • 商圏を小さくする
  • 訪問頻度を減らす

 といった方法があります。

 

ひとつめは地元のお客様をとる方法。地域密着で商売していくという方向性です。

移動に伴う時間ロスを減らせるので、生産性は上がります。

 

ふたつめは、月次から「隔月」「四半期ごと」に訪問頻度を減らす方法です。

SkypeやDropboxといったツールを利用すれば、訪問しなくてもある程度のコミュニケーションやデータの授受は可能なので、遠方のお客様がある場合には、こちらの方向性をとることも考えられます。

 

僕の場合をいうと、両者のハイブリッドで考えていて、商圏は事務所から一定範囲内におさえつつ、遠方のお客様からのご依頼には後者の方針を取っています。

 

おわりに

以上、時間単価を上げるために考えていることを整理してみました。

事務所勤務時代には「時間単価」などということは考えませんでしたが、独立してからは毎日のように、いかにして「単価」を維持・向上させるかに腐心しています。

僕のような「ひとり税理士」にとって、時間単価は生命線です。

今後も考え続けていきたいと思います。

 

今日はこんなところで。

それではまた。

 

あとがき

■Editor’s Note

昨日はHPのメンテのあと、7月から始まるプロジェクトの打ち合わせへ。

夜は、大学時代の友人と新橋で食事。充実した1日でした。 

■Official Web Site

藤村総合会計事務所 | クラウド・ITに強い!法人専門の財務コンシェルジュ。決算・...
藤村総合会計事務所のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。 当事務所は、中小企業・ベンチャー企業のお客様をメインに、クラウド会計の導入や税務...

 

 

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。