税理士事務所のサービスはどうあるべきか。

img_2

経営者から期待されている顧問税理士の役割はどのようなものでしょうか。

顧問税理士への不満

ネットを見ていると、顧問税理士への不満として、以下のような点が挙げられています。

税理士の訪問がない

訪問するのは無資格または科目合格の担当者だけで、税理士本人が来ない。

相談したいことがあっても、税理士に相談する機会がない。

提案がない

高い顧問料を支払っているのに、毎月の作業は仕訳のチェックだけ。

事業改善や資金繰り改善のための提案がない。

顧問料が高い

受けているサービスに比較して、毎月の顧問料が高い。

 

いずれも耳が痛い話です。

上記のようなクライアントからの不満は、ある程度の規模の税理士事務所では、多かれ少なかれある問題だと思います。

税理士は所長先生ひとりだけ、職員は科目合格者というような税理士事務所の場合、組織が大きくなると、税理士である所長先生がすべての顧問先をカバーすることは難しくなります。

いきおい、訪問は担当者だけということになるのですが、そうなると上記のような不満が出てくる可能性が高まります。

税理士が訪問できない → 顧問先は担当者任せ → 担当者の作業は仕訳チェックのみ(価値ある提案がない) → 顧問先はサービスに不満をもつ → 顧問料が高すぎると感じる → (最悪の場合)解約、というパターンです。

そういう意味では、上記3つの不満は相互に関連しています。

 

お客様はどのようなサービスを望んでいるか 

上記の不満点をみれば、お客様が僕たち税理士に期待することは明らかです。

お客様は、

・仕訳チェックや税務申告書の作成など、経理・決算面をミスなく完遂すること、は当然のこととして、

・資金繰り改善のための施策や節税策の提案など、会社の財務に深く関与する顧問税理士だからこそできる、プラスアルファのサービスを望んでいるのです。

 

決算書や税務申告書の作成は、税理士にとっての中核的な業務ですが、経営者の関心はそこにはありません。決算書にしろ申告書にしろ、過去にかかわるものだからです。

 

日々会社経営に頭を悩ませている経営者にとっては、

・どうすれば会社の業績をあげられるか

・日々の資金繰りをラクにするにはどうすればよいか

・銀行から資金を借りたいが、事業計画はどのように作ればよいか

といった、これからの会社経営を左右する問題にこそ、税理士によるサポートを求めているのだと思います。

 

お客様のニーズにどのように応えるか

お客様が望んでいるのは、課題解決型の税理士ということがわかりました。

しかし、「これは言うは易し、行うは難し」です。

お客様のビジネスは千差万別ですから、すべてのお客様の悩みに対し解決策を提示するなんてことは不可能です。そんなことができたら、税理士なんてやってません(笑)

 

そこで、ぼくはこう考えます。

自社のビジネスについて、本当に深く考え、理解しているのはお客様自身です。

ビジネスの理解度において、僕のような外野の税理士がお客様にかなうわけがありません。

だとしたら、僕たち税理士にできることは、お客様が重要な意思決定を行うのに必要な、精緻な「羅針盤」を提供することなのではないか。

その羅針盤とは、毎月の月次試算表であり、年次予算であり、決算見込みであったりします。

要するに、お客様が今立っている場所を正確に把握し、今後とるべき方向を誤りなく決定できるための「材料」を提供するところにこそ、税理士の本分があるのではないか。

 

そういった「材料」をもとに、お客様のお悩みにトコトン向き合うこと、そこに顧問税理士としての存在価値があるのではないかと考えています。

 

僕が目指しているのは、そのような税理士事務所です。

お客様から選んでいただける税理士事務所を目指して、精進しなければなりません。

 

今日はこんなところで。

それではまた。

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
■Editor’s Note

監査法人の導入研修は今日で終わり。
初回往査は7日(水)に決定。
それまでに監査ツールの操作法に慣れなければ。。 

■Today’s article

Line makes splash by launching cut-rate smartphone service

Line MobileがMVNO業界に与える影響。Japan Times紙。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。