DCF法の基本〜無リスク利子率、リスクプレミアムはどこで調べればいいの?

Jquery

DCF法の計算には加重平均資本コストの計算が必要になりますが、その計算には、リスクフリーレートやリスクプレミアム、ベータ値などが必要になります。

大手の会計事務所では、Bloombergなどの情報端末を使用してこれらの数値を取得していますが、コスト負担から導入に踏み切れない中小会計事務所も多いです。

そこで、今回はなるべくお金をかけずにこれらの値を調べるにはどうすればよいか、幾つかの方法をご紹介しましょう。

リスクフリーレート

一般的に、リスクフリーレート(無リスク利子率)としては「10年物国債の利回り」を使用します。

ネットでは、日銀ホームページの以下の資料が便利です。

 

公表データのPDF「金融1」の中に「市場金利等(3)」のページがあります。

ここに1996年以降の各年度ごとの国債利回りの情報が掲載されています。

直近1年については各月の平均利回りが記載されていますので、実務でよく使われる、

  • 直近6ヶ月
  • 直近3ヶ月
  • 直近1ヶ月

の利回りを求めることが出来ます。

 

ちなみに、今年2月以降はマイナス金利になっています。

DCF評価上、マイナス金利をどう扱うべきかは難しい問題ですね。

退職給付会計における退職給付債務の計算においては、マイナス金利の場合、

  • 当該金利をそのまま使用する
  • 金利をゼロとする

の選択適用が認められています。

(参考)ASBJ議事概要別紙(審議事項(4)マイナス金利に関する会計上の論点への対応について)

この考え方を参考に、「金利ゼロ」として計算するケースが多いかもしれません。

 

市場リスクプレミアム

市場リスクプレミアムは株式市場全体の超過収益率のことです。

CAPM理論では、市場リスクプレミアム(=株式市場全体の投資収益率−無リスク利子率)にβ値を掛けて、個別株式のリスクプレミアムを求めます。

DCF法による株価評価の基本~割引率ってなに?
DCF法は、将来のキャッシュフローを現在価値に割り引いて評価する方法です。そして、現在価値に割り引く際に用いる係数を、割引率ということは前回説明しました。それで...

 

この市場リスクプレミアムは、実務ではIbbotson Associatesのデータを利用するのがデファクト・スタンダードです。

 

国語辞典における広辞苑、英語辞典におけるOxford English Dictionaryみたいなもの。 

とりあえず、これに従っておけば文句は言われませんので、商売としてバリュエーションを行う場合にはこれに依拠しましょう。

 

ベータ値

以前はBloombergのホームページで2年週次のベータ値を公表していたのですが、最近は公表をとりやめてしまったようです。。

その他、無料でとれる情報としては以下のサイトがありますが、信用性は良くわかりません。

 

有料では、日本証券取引所が販売している「TOPIX β VALUE」を使用するのが良いでしょう。

 

確認はできていませんが、「会社四季報CD-ROM」でもβ値を確認できるようです。

 

エクセルを使えば自分で計算することもできるので、時間があればトライしてみても良いと思います。

※β値の計算方法については、いずれこのブログでもとりあげるつもりです。

 

今日はこんなところで。
それではまた。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
■Editor’s Note

昨日は税務ソフトの説明を聞きに渋谷へ。
午後は、田町でクラウド会計のセミナーを受講しました。 

■Today’s article

What It Feels Like to Ride in a Self-Driving Uber

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】













無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区で開業している公認会計士・税理士です。大手監査法人、M&Aコンサル、税理士法人を経て2016年9月に独立開業しました。妻と息子の3人暮らし。海外サッカーと囲碁が大好き。英語、数学を勉強中。 ブログでは、税務・会計の話題や仕事術、日々の出来事などを気ままに綴ります。